2006年03月24日

日本語を扱う - 1. はじめに

Pythonでも当然、日本語を処理することができます。バージョン2.4からはShift-JIS、EUC-JPなどのエンコードが標準ライブラリに用意されています。

ただし、日本語が含まれているPythonのスクリプトを実行すると、次のような警告が表示されてしまいます。

sys:1: DeprecationWarning: Non-ASCII character '\x82' in file
(ソースコードに Shift-JISで『あ』の文字が含まれていた場合)

これを回避するには、まずスクリプトの一行目または二行目に、このソースの文字コードを指定してやる必要があります。

例.
# encoding: shift_jis


CGIのスクリプトの場合は、先頭にPythonのパスを書く必要があるので、二行目に書いておきます。
#!/usr/local/bin/python
# encoding: shift_jis


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15367455
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。